競馬予想のムネヒロネットTOP > 棟広良隆について


<ご挨拶>

棟広良隆

こんにちは、むねひろ よしたかです。
昭和50年の京都生まれです。育ちは兵庫県の西宮市というところになります。現在も西宮市に住んでいます。
京都大学競馬研究会の2代目会長という座を経て(現在は名誉会長就任)、只今学習塾を父親とともに経営しながら、雑誌の執筆・グリーンチャンネルの出演など各マスコミへの仕事に取り組んでおります。

競馬に興味を持ち始めたのは高校1年生の時(桜花賞ニシノフラワー・皐月賞ミホノブルボンの頃)からですが、徐々にというわけではなくいきなりマックスに近い感じで競馬と向き合いました。
年輩の方と比較すると競馬歴は浅いですが、『濃さ』は相当なものだと思います。
取り組んだ当初から、持ち前の集中力と、若いからこそのパワー全開で突っ走ってきました。

私の予想の信念は『競馬ファンの気持ちを汲む』新聞を読むことによってしか予想をすることの出来ないみなさん側からすれば、一度も会ったことがない厩舎サイドの関係者やトラックマンらの『コメント&ジャッジ』を信用し、痛い目に遭ってきた経験を幾度となくされていると思います。
それは私にしても同じでした。
また、騎手や展開などゲートが開いてみないと分からない『不確定要素』をあれこれ考え過ぎるのも余り身になりません。
レース後に騎手の文句を言っているのがオチです。

では、どのようにすればそのような『同じ失敗の繰り返し』から回避することが出来るのでしょうか………!?

それは、新聞に書いてある『事実』を読み取るプロになれば良いのです。
実際私が予想する際には、専門誌『競馬ブック』以外には何も用いません。
それでも、2006年度はJRA限定で万馬券を404本(うち10万オーバーは32本)的中することが出来ました。
ここで言う『事実』とは馬柱欄に書いてある走破時計・上がりタイム・ラップなどを指します。
これらの数値はどの新聞にも書かれている紛れもない『事実』です。「実際にそういうタイムをマークしましたよ」ということにウソ偽りはないのです。

1、「今現在実際に競馬が行われている馬場レベルがどういった状態のものなのか?」
2、「その馬場状態に合っている馬はどの馬なのか?」

ということを、私は新聞から読み取っているだけなのです(予想理論に詳細掲載)。

実際の調教を栗東に見に行くことは一般の人には出来ません。
関係者の生の声を一頭一頭聞き出すこともまた出来ません。
私もその権利を持っていません。
ですから、私はみなさんと同じ立場でも出来る予想というものを提供したいと思っております。
ですので、これを機に是非とも新聞を読むプロになっていただきたいと思っております。


私は神様でも何でもありません。
『1-2の目を買って下さい。』と言って常に的中させることは残念ながら出来ません。
しかし、ほとんどの大多数のレースで的中に近づく何らかのヒントを、みなさんに与えることは出来る自信が私にはあります。
みなさんがピンと来た馬にそのヒントを加えることで、私が的中出来なくてもみなさんが当てることは可能なのです。

また、私は塾講師という立場をうまく利用して、みなさんの馬券力をアップさせることに力を注いでいます。
学力を上げる学習塾同様、ご自分の馬券力を上げる競馬塾として、この【ムネヒロネット】を利用していただければ幸いです。
ですので、みなさんも全てを与えられるだけという受け身の姿勢ではなく、「馬券力を上げてやろう」という意欲と向上心を持つように努めて下さい。
よろしくお願いします。


棟広 良隆


<棟広良隆の活動>

馬券理論の核となる『激走レンジ<range>1・2』、馬券の買い方の指南本2冊を含む計6冊単行本を執筆。
(白夜書房)
詳細は著書・メディア情報をどうぞ

・単行本『西の仕掛け人vs東の金将』の1コーナー
(東京スポーツ新聞社出版)

・雑誌『競馬の達人』毎号レギュラー連載
(光文社)<2003年冬休刊>

雑誌『競馬王』毎月レギュラー連載
(白夜書房)<継続中>

・スポーツ誌『ナイタイスポーツ』毎週レギュラー連載
<2002年~2004年4月終了>

・テレビ大阪『みみヨリぃ!?』 馬券対決にゲスト出演
<2006年12月24日放送>

・グリーンチャンネル『明日のレース分析』の場立ち予想コーナー
<コーナー終了>

・グリーンチャンネル『中央競馬中継EAST』
<関東1場開催時に隔週で日曜日午後出演(2007年終了)>

ラジオNIKKEI 第2放送(関西)
『棟広 良隆の大穴一発!!一攫千金を狙え!』コーナーを担当。

<毎週土曜日12時50分頃~13時過ぎの5分間(放送中)>

グリーンチャンネル『KEIBAコンシェルジュ』レギュラー。
<月2回程度出演>


無料メールマガジン

予想以上に大事な馬券の買い方の教科書
馬券の買い方に悩める馬券ファン全てに捧げる、「馬券の買い方の教科書」が完成。自分の予想を正確に買い目に反映させる券種選び、獲り逃しを防ぐ技術、本線的中時に根こそぎモノにするテクニックを図解で丁寧に解説。「予想が外れていても的中馬券を手にする買い方」も初公開しています。特別収録は、パワーアップした「ムネヒロタイム2014-2015」。