競馬予想のムネヒロネットTOP > 激走レンジ!(新・馬場適性理論)とは?


激走レンジ!(新・馬場適性理論)とは?

棟広良隆の掲げる『激走レンジ<range>』の最大のポイントは
(1) 今現在実際に競馬が行われている【馬場レベル】がどういった状態のものなのか?
ということを把握する。

(2)その【馬場レベル】に合っている穴馬をピックアップする。

という2点だけです。

また、馬場レベルの基本は以下のようになります。

≪芝≫
【軽い芝】      新潟・東京・京都・夏のローカル開催・ローカル開催前半
【重い芝】      阪神・中山
【非常に重い芝】   札幌・函館・盛岡・海外競馬場


≪ダート≫
【軽いダート】    京都・東京
【やや軽いダート】  中京・福島・札幌(※2011年開催の札幌はやや重いダートでした)
【重いダート】    新潟・函館・小倉・阪神・中山・地方競馬場


芝・ダート問わずに【軽い馬場レベル】というのは、全体の走破時計・上がりタイムともに比較的早くなります。
ですので、『優秀な走破時計・上がりタイムでのパフォーマンス(優秀な内容)を持っている馬が狙い目』となります。
 
その逆に【重い馬場レベル】というのは、『平凡な走破時計・上がりタイムでの好内容』の競馬があったり、また『優秀な走破時計・上がりタイムで凡走していたり』というのがキーワードとなります。

詳細に関しましては、発売中の単行本『激走レンジ!<range>1と2』(白夜書房)を是非ご覧になって下さい。
また、競馬理論を連載しています雑誌『競馬王』の方も是非ご一読下さい。


無料メールマガジン

予想以上に大事な馬券の買い方の教科書
馬券の買い方に悩める馬券ファン全てに捧げる、「馬券の買い方の教科書」が完成。自分の予想を正確に買い目に反映させる券種選び、獲り逃しを防ぐ技術、本線的中時に根こそぎモノにするテクニックを図解で丁寧に解説。「予想が外れていても的中馬券を手にする買い方」も初公開しています。特別収録は、パワーアップした「ムネヒロタイム2014-2015」。